バーチャルオフィスを使う人とは?

バーチャルオフィスを使う人とは、どのような特徴があるのでしょうか?

一昔前なら、自前の事務所がない会社は、信用を得にくかったかと思います。
一方で、今日では世の中の考え方がだいぶ変わってきています。
インターネットが急速に発達し、スマートフォンやモバイルPCさえあれば、どこにいてもSNSを使ったり、スカイプ電話などを使って連絡を取り合えるようになり、決まった場所にいなくてもビジネスを行うことが可能になりました。
一人で会社を立ち上げる人も増え、また、そもそも法人化せずにいわゆるフリーランスのままで会社組織にしないで、仕事を請け負い、納品することで生計を立てる人も増えてきたのです。
このような形態のビジネスにとって、もはや家賃を払って事務所を借りるのはコストが高すぎます。
従業員が他にはいないのに、事務所を借りるまでもなく、普段は自宅で、場合によっては外で仕事を行えばよい。
例えばウェブデザイナーやiOS,Androidなどのアプリ開発を専門に請け負うエンジニアならば、モバイルWi-Fiと、充電できるプラグと、スマートフォン、ノートPCさえあれば、近くのカフェで仕事ができます。
打ち合わせもコーヒーショップで対面で行えば済みますし、進捗確認はスカイプやfacetimeなどで顔を見ながら行えます。

ただし、居場所が明らかでない方にはなかなか仕事は頼みにくいですし、名刺に住所がないのはまだまだ具合が悪い。
打ち合わせをいつもカフェで行うのは秘密保持の観点からも気になるところ。
郵便物の扱いも考えておかなければならない。
こういった事情に対応するサービスがバーチャルオフィスなのです。

Copyright © 2014 バーチャルオフィスを利用する人の特徴 All Rights Reserved.